一億総TOEFL時代!?

一億総TOEFL時代!?

 今日は11月1日

 1が3つも並んで
 新しいことを始めたい気持ち。

  取り合えあず、
  来年3月2日の篠山マラソン
  エントリーが今日から。

  昨日の貿易実務B級の講座
  先生!明日からですよ、
  忘れないで!

  終電の電車の中でも
  元ナポリ食堂の店長からも
  明日からですね、

  とジョギング仲間の話題で
  今日は記念すべき日。

 早起きして、
 日経朝刊を手にして、第2面に
 
 一億総TOEFL時代!?

 という記事を発見

  6月にまとめた成長戦略に
  盛り込んだグローバル
  人材育成の切り札

  だそうだ。

   採用試験に
   TOEFLを採用すれば
   グローバル化につながる
   とは思えないのだが・・・
  

私は、英語関連の講座で
TOEIC・英検のレベルを目安に
クラス編成をしているけれど

 あくまでも目安であって
 試験対策は絶対しない。

 読み、書き、話し、聞く
 の4技能の練習を基本とした
 3講座運営をしている。
 (上級中級初級

 従って、世の中の趨勢が
 TOEIC・英検からTOFELに
 移行しても全く影響ない。

 というか、
 各クラス1~2人なので、
 議論に参加する資格も
 ないのですが、

 来年は、
 常時5人程度を目標に
 「存在」をアピールして
 いこうと考えています。

 それと、
 7年後のオリンピックを目標に
 日本を英語で語ろう!
 という勉強会を企画中です。


さて、新聞記事に戻ると

 政府は2015年度の
 国家公務員・総合職試験から

 米国発の英語能力テスト
 「TOEFL」を使う方針を
 決めた。

 という事実と、

 その背景として、

  産業競争力会議のメンバーの
  三木谷浩史氏や竹中平蔵氏の
  意見

 関連の動向として、

  文部省が中3と高3向け
  英語能力テストの開発で
  「TOEIC等の実施団体との連携」

  このテストは
  大学入試センター試験廃止後の
  新テストの雛形。

  大阪府も
  府立高校の入試で採用を決めた。

  公文は中高向け
  「TOEFLジュニア」を発売

 大学は強く抵抗として

  TOEICはあくまでも
  北米の大学・大学院に
  留学するための試験。

  日本の入試に使え
  というのはグローバル化の
  意味をはき違えている。

  とは、鳥飼玖美子氏の意見

 などが紹介されていた。


資格試験は英語学習上の
参考であって

 グローバル化のためには
 コミュニーケーション能力
 向上が必要で

 そのためは、
 読み、書き、話し、聞く
 の4技能の練習を繰り返し

 英語の運用力を身につければ
 資格は後から付いてくる。

 TOEICも英検もTOEFLも同じ。

 と、従来からの持論を展開し、
 巷の動きを無視し、

 我が道を歩んでいこうと
 改めて思いました。
 
 

スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード