通関士・貿易実務講座:競争は嫌い!

通関士・貿易実務講座:
競争は嫌い! 

これは、スクールきづの
貿易実務講座英語講座
通関士講座の受講生が

 小テストで虐められて
 吐く言葉ですか?

 いいえ、違います。

 受講生は毎日2時間の
 自宅学習の成果を

 自慢したくて、
 今度こそは1番が取れると
 ウズウズしているのです。

  本当かな?

  中には、そうでない人も
  いらっしゃいますが・・

  小テストがまた受けたくて
  他の講座を受講されたり、

  これは中毒性があります。

 
競争が嫌い!

 というのは私の性格です。

 マラソンの時も
 集団から離脱して
 一人で走ります。

 なので、
 カメラアングルが良くて

 あたかもトップランナーの
 ようなビデオが放映され

 知人から褒められますが
 勘違いです。

  一番後ろの集団のトップ
  が私の定位置です。

 そんな性格もあって、
 定年まで勤めずに
 途中下車したんでしょうね。


ネットで通関士貿易実務
講座を検索すると

 講師を始めた20年前
 スクール創立の8年前
 と比べると

 随分、競合する講座が
 たくさんヒットします。

 そうすると、
 他人と同じことはしない、
 集団とは距離を置きたい、

 そんな途中下車、
 集団離脱の虫がムズムズ。

 他の予備校に任せて
 新規分野の開拓をしようか、

 そろそろ引退かなと、
 年齢のせいにしていますが、

 実は、一人で走りたいだけ!


でも、酷い!という情報を得て
まだ他には任せられない。

 俄然、やる気がでてきました。

 私の通関士講座では、
 途中で退学する人は
 極めて少なく

 途中退学はありえないので、
 3~4割が途中で消えた、と
 聞いて驚きました。

 なぜ、他の学校は授業料が
 開講前に一括支払いなの?

  中退する人が多いから?

 どうしてスクールきづは、
 月謝制ができるの?
  
  中退者がいないから。

  出世払いもあるし、
  貿易講座なんて、
  後払いだし・・・

 そこに繋がるのか・・・

いいえ、金じゃないんです。

 新米講師の頃、
 大学の通関士講座に派遣され

 夏休み頃には受講生が半減し
 真っ青になりました。

 関係者は、そんなもんです、
 と平然として、
 気にならないようでした。

  あの手この手で改善策を
  実行し提案をしました。

  余計なことだと迷惑そうで
  合格者が出ればそれで良し、
  という感じでした。

  惰性って怖いですね。

  優秀な若者を沢山集めて
  すぐ解雇してしまう
  ブラック企業に似てません?

  ブラック講座と勝手に
  命名していましたが、

  そんな症状が今でも
  残っているんですね。

 そのことを反面教師として
 作ったのがスクールきづ

  講座は遅れない休まない
  最後まで一緒に走りたい

  講座に、マラソンと一緒
  完走する充実感と喜びを!

 この調子だと、まだまだ
 存在価値はありそうで

 ますます独創的なアイデアで
 独走を続けられそう・・・



  
スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ&自己啓発
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード