京都の休日:戦争と平和

京都の休日:戦争と平和

昨日は気分転換にお休みにして
京都に出かけました。

 というか、何時もは通過して
 大阪へ通勤しているのですが

 大学や専門学校は
 非常勤なので、
 講義のない日や時間帯は

 自営業(スクールきづ)の
 特権で自分の裁量で仕事を
 する日時が決められます。

 まとめた時間を取って
 考えたいことがあるときなど
 便利です。


昨日、考えたかったことは、
来年受験の通関士、超入門講座

 第1回小テストは今年と同問題。

 今年の合格圏上位6人に
 入ったのはたった1人。

 約束した自宅学習の時間は
 今年は1時間、来年は2時間

 全員合格を目指して
 勉強時間のノルマを倍増。

 結果は、2倍の方が成績不振。

 テキストと同じ問題が解けない。
 復習をしていないのは明白。

 勉強ばかりは、
 無理やりさせることができない。

 今年の受講生も勉強時間30分
 という自分の壁を最後まで
 
 超えることが出来なかった人が
 数名。

 途中からでも自己革命に
 成功すれば合格の可能性は
 あるけれど、

 そうなるように仕向ける
 方法は、実は、あまりなく、

 待つしかなく、頭が痛い・・・

まずは、
新聞等の広告に興味を持って
京都国立近代美術館です。

 皇室の名品

 量も質も格が違いますね。

 どの作品も、凄い迫力。
 引きつけられてしまい、
 気が付いたら約2時間弱。

 観覧料1,300円が
 安く感じました。
 
 展示物のタイトルの漢字が
 難しくて読めなくて
 教養のなさを痛感しながら

 途中から英語と比較しながら
 観光案内の予行練習?

 これも課題なんです。

 通訳案内士の勉強会の
 日程は決まりましたか?

  日本を英語で語ろう勉強会 
  1月開始予定で

  教材の選定等は順調ですが
  参加希望者の日程が
  全く合わず、未だ未定。

  明日の忘年会で調整と
  思っていたのですが
  希望者は全員欠席。

  独断と偏見で全く
  ゼロからやり直そう!

年末年始の混雑を避けるため

 お隣の平安神宮に
 一寸早めの初詣

  通関士講座英検講座
  貿易実務検定講座
 
  受講生の
  全員合格を祈願。


日常を離れて考え事をしようと
ブラブラ・・・

 時間が余ったので
 通りがかりの映画館で

 出来の悪い生徒の成績みたいな
 タイトルが目に入ったので

 途中から入場してみた。

 何処かで聞いたような
 ストーリーで思い出そうと
 記憶をたどっているうちに
 終わってしまった。

 永遠のゼロ

 戦争をめぐるこの種の映画は
 賛否両論があるだろうが、

 私は良い映画だと思いました。

 大局的に戦争を振り返るのも
 これからの方針に関係あるかも
 と思いながらも

 昨日は日常と切り離した小旅行
 ネットも新聞も見ない方針
 だったけれど、

 ホテルでテレビをつけると

 安倍首相の靖国参拝

 映画の続きかと思えるような
 感じで普通に受け入れることが
 出来たのですが

 NHKの解説には違和感
 どこの国の放送局?

日本には日本の道があるので
遠慮なく主張すれば良い。

 英語や中国語を勉強して
 他国の立場を理解するため
 だけに使うのではなく

 自分の意見を述べるために
 使って欲しいですね。

 経済、他国の国内事情を
 唯一絶対の基準として
 配慮する必要もないでしょう。

 尖閣から出て行け。
 竹島を返せ、と正々堂々と
 主張すれば良い。

 遠慮したり気配りしたり
 土下座外交は意味がない。

 もはや靖国はカードとして
 効力をもたないことを
 行動で示した。

 これからは情報戦だ。
 特に米国がターゲット。
 
 頼りない親中一辺倒の
 米国民主党オバマ政権に

 プレッシャーを
 与えられるだけの戦略を
 考えた上での参拝だろう。

 既に一歩は踏み出された。

 その場合のリスクを
 織り込んで、民間は
 長期計画を作れば良いだけ。

 じゃ、これから
 個人として会社として
 何をするか?

 一寸先が見えてきたような
 気がしますね。


スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード