月曜日の「新」英語の日

月曜日の「新」英語の日

昨日からお仕事が始まった。
という方も多いでしょうね。

 長い年末年始のお休みで

 すっかり調子が狂って
 仕事の手順を間違えたり

 体調を崩して風邪気味

 そんな影響が講座にも
 影響があったようです。

昨日は、英語の日

 最初は、午後7時開講
 TOEIC900英検1級レベル講座

 受講生の実態に合わせ
 TOEIC800英検準1級レベル
 から名称変更しましたが

 教材も内容も全く同じ。

 取り敢えずは、気持ちだけ
 新年に併せてリフレッシュ
 という感じでした。

 課題はエコノミストから。

 やはりこの雑誌の英語は
 内容の理解度もあるけれど
 難解でしたね。

 冬休みで勉強時間も多く
 きっちり自宅学習をされて
 出席されたようで

 難易度の高い質問に
 パーフェクトの答えが
 返ってきて驚きました。

 実は、自分で作った質問に
 私は80点ぐらいだったので、

 マイッタ、という感じ

 今回はお仕事の関係で
 2人欠席で
 4人中2人で出席率50%
 一人講座から脱却です。

 次回は2週間後ですが
 古いメンバーが復帰します。

 新しい目標に向かて
 頑張りましょう!

次は、
TOEIC600英検2級レベル講座

 冬休みの分だけ課題が多く
 こんな量、消化できるのか?

 と疑問に思いながら
 小テストを作ったのですが。

 この課題は、夏頃から
 一人クラスで本人の希望。

 約束通り、全問正解でした。

 本当に英語クラスの受講生は
 自宅学習がしっかりできるので
 安心して指導できます。

 ところが、
 一人クラスは経営上問題で、
 儲ける必要はないが
 赤字は避けようと

 従来は、講座の希望者は、
 個別面談にお越し下さい
 というスタンスだったのを
 
 秋頃から講座説明会
 毎月2~3回開きました。

 その結果、昨日は、新規に
 3人の方が受講予定でしたが

 一人は風邪、一人は急用
 残り一人が参加でした。

 この講座も、一人クラス解消

 春から縁起がいいや・・・

ところが、大きな問題が2つ。

 説明会では、

 小テストの実物を見せて
 これに答えられるように

 自宅学習ができた段階で
 参加ください。

 と繰り返します。

 これを強調するので

 説明会から受講にまで
 辿り着ける人は珍しいです。

  たまに来られても
  全く書けませんでした。

  最初は、こんなもんですね。
  次回、変身できるかどうか?

 次回変身できれば
 問題は全くないのですが、

 問題点、その一

  練習もせずに参加して
  このthat、あのwhatは
  どう言う意味ですか?

  このlikeは動詞ですか?

  という
  文法もどきの質問の連発

  文法的理解が英語の勉強と
  勘違いされている。

  これは英語の勉強じゃない。

  文章を読んで
  読んでわかる、聞いてわかる
  その文章の英語表現を使って
  書ける、話せる

  という練習をしてくること
  
  今までの学校教育とか
  資格試験対策とは

  全く異なる手法なので

  頭でわかっても
  行動が伴わないようでした。

  私は頑固なので、
  方針を変えることはないので

  受講生の方で合わせて頂くか
  辞めるしかないですね。
  

 問題点、その二

  練習しなかった、

  という自己弁護に終始

  ここは、自宅練習の成果を
  確認する場所で

  勉強しなかったことを
  自慢する場所ではない!

  思わず怒鳴り散らすところ
  ここは新年、我慢我慢

  でも、同じような受講生
  沢山いますね。

  初めての通関士、超入門講座

  勉強しなかった人の
  自慢大会と化しています。

  これを改善するのは
  ひたすら忍耐だけですね。

  でも、たった一人の常連さん
  優しい人で助け舟

  私も最初は覚えられなかった
  と言って

  次回の課題範囲を大幅に
  縮小して提案してくれました。

  これで、昨日欠席した人も
  事前にたっぷりと課題文の

  読み込み、聞き込み、読み込み
  書き込みができると思います。


再来週が楽しみな
月曜日の「新」英語の日でした。


スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード