新聞で貿易の勉強会の風景から

新聞で貿易の勉強会の風景から

講座以外に資格武装をテーマに
セミナーを開催しています。

 資格武装セミナー予定表
 を一昨日、発表しました。

 いつも、突然思いついて
 ゲリラ開催するので

 告知期間が短く
 後で見つけた人から

 次は何時ですか?
 とお問合せを頂くものの

 気まぐれ開催なので
 返答も出来ず、
 これじゃイカンナ、

 春休みもそろそろ終焉。
 今しか時間がないので
 
 年間スケジュールを
 一気に立ててみました。

 興味のあるテーマが
 ありましたら
 ご参加ください。

 
さて、講座、セミナー以外にも
勉強会を開催しています。

日曜日の夕方は
中国語検定3級の勉強会

 初回開催は4月6日です。
 新規会員募集中です。


土曜日の夕方は、原則
入門ビジネス英語の勉強会

 次回開催は4月12日です。
 新規会員募集中です。

 
例外的に、最終土曜日は
新聞で貿易の勉強会

 貿易や通関の講座のOB
 貿易に興味のある人が
 集まって情報交換。

 貿易や通関に関する
 新聞記事やウェブ記事から

 面白そうなものを
 2~3個選んで、

 発表して情報交換を
 するだけですが、

 昨日の勉強会では、
 予想通りVNACCS
 TPPや日豪EPAが
 中心でした。

メンバーの一人が
貿易実務検定準A級に合格し
次の目標は

 外国為替2級だそうです。
 
 ここ2年ほど
 外国為替3級講座
 外国為替2級勉強会
 開催していませんが

 講座は準備が大変だけれど、
 勉強会なら負担が少ないので

 通関士試験が終わった
 10月頃からやってみる?

ところで、講座と勉強会は
どこで線引きしてるの?

 勉強会は、一回の会費
 200円という格安さ
 が特徴ですね。

 講座は、テキストを作って
 講義をして小テストで
 厳しく鍛える。

 これは私も受講生も
 真剣勝負で大変です。

 勉強会は、
 楽しくがテーマで
 予習復習は任意なので
 メッチャ楽ですが
 実力がつくかは本人次第。

 と言ったところ、

 マーケティングの勉強会
 下調べ(予習)や
 参加者が小テストを作ったり
 至極厳しく大変だった

 ということで、
 参加者の意識次第ですね。


今年も12月に貿易準A級に
大量合格を目指しているので

 マーケティングを科目免除に
 すると負担が軽くなるので

 外為2級勉強会と併せて
 この勉強会の復活を
 検討しようと思いました。

 もっとも、
 参加希望者の意見を集約して
 勉強会の開催を決めるので

 春休み中に
 勉強会の年間予定
 を改訂できるか疑問「?」

ところで、
勉強会の他に研究会もあるって
ご存知ですか?

 準A級合格者が増えて

 資格は一番上まで取って
 価値が生まれる!

 という私の考え方に
 共感して頂ければ

 実績があるので
 貿易実務検定(A級)研究会
 も立ちあげてみたいですね。

しかし、専門学校の

 シラバス(授業計画書)を
 11科目も作らないといけない

 それに
 1年以上休刊中のメルマガも
 何とか発行したいのですが

 春休み、短かすぎる。
 もう1人、私が欲しい。

 季節が知らん顔して
 通り過ぎて行くようです。

 アニメの世界に逃げ込んで
 忍法、影分身・・・・?

 


テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード