貿易実務検定準A級は、通関士への近道かも?

貿易実務検定準A級は、通関士への近道かも?

一昨日(2014-04-16)書いた

貿易実務検定講座:
 準A級へ「3本の矢」作戦 

これをご覧になった元受講生

 通関士試験には
 準A級がよいとは初耳でした。

 六月のTOEICが終わったら
 本格的に
 通関士試験取り組みます。

 とコメントを頂きました。


TOEICと通関士?

 この組み合わせは多いですね。

 どっちも簡単じゃない、
 集中しないといけない。

 同時進行は難しいので
 先にTOEICという作戦ですね。

 英語の上達は読みにくくて
 思うような結果が出てからと
 考えていると

 なかなか先に進めないので
 期限を決めるのは良いですね。

  私なんか、
  英語をマスターしたら、

  次は、
  フランス語、アラビア語
  ドイツ語、ブラジル語・・・

  と考えていたけれど、

  英語がいまだに終わらず
  次に進めなくて・・・

 通関士も7月からでも
 優秀な人なら間に合います。

 頑張って下さい。

 私は、一日2時間くらいなら
 勉強できるかな、という

 平均的な人を対象として
 逆算して超入門講座
 12月から始めていますが

 効率や能力によって
 期間は変わるので

  例えば、
  優秀(?)な人なら
  全く初めてでも
  超入門講座を省略して

  入学試験は形式的に行って
  本コースから受講を認め

  予想通り、上位に食い込んで
  頑張っていらっしゃいます。

ところで、
通関士試験と貿易実検定準A級
の間には密接な関係があります。

 小保方さんのように200件も
 ありませんが、10件くらい
 例はあります!

 実験ノートはありません。
 個人情報は廃棄し、

 頭の中に入れてありますが、
 最近、取り出すのが
 難しくなってきました。
 

 一般的に言えば、
 難しい試験に挑戦するノウハウ
 が共通なのでしょうか?

 早い話、突っ込まれると
 困るのですが、根拠は、
 特になくて、

 通関士講座
 貿易実務準A級講座
 長くやっていて、

 両方の講座を受講頂いた方も
 数多くといっても知れてますが

 少ない経験からの直観で、
 いわゆる合理性の高い仮説:

  貿易検定準A級合格者の
  通関士試験合格率は高い。

 なので、準A級合格者は
 自信を持って臨んでください。

 あるいは、
 昨日も書いたように

 今から始める方は

 貿易C級から一気に準A級講座
 通関士超入門、通関士講座という

 エリートコースも
 視野に入れてご検討下さい。

 逆の場合もあって、

  通関士試験合格後に
  貿易実務準A級に挑戦され
  余裕で合格されています。

 もっとも、
 準A級の合格率は30%で
 通関士に比べると極楽。

 なので、
 通関士試験の合否に関係なく
 準A級には合格できますが・・

ところで、
通関士試験と貿易実検定B級
の間には密接な関係がある?

 あまりないようです。

 B級合格者でも
 通関士講座の授業に
 ついてこられないこともあり、

 レベル差が大きすぎて
 比較の対象にならないようです。

もっとも、
合格率20%の時に通関士試験に
合格した人が

 貿易実務検定B級講座
 苦戦されていましたね。

 世の中、色々あるようです。





スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード