通関士講座(H27)の方針(変更)について

通関士講座(H27)の方針(変更)について

最初が肝心!

 通関士試験の勉強って
 どれくらい大変?

 これを早い段階で
 認識し自覚してもらって

 覚悟を決めて臨んでもらう。
 この必要性を今年も、
 痛感しました。

 そこで、体験講座
 充実させることにしました。

 体験講座は、開始時期を変えて
 3クラス用意しました。

 10/19~11/23(6回)
   日曜 午前10時~12時
 
   早く始めたい人のために、
   繰り上げて開催します。

 11/12~12/17(6回)
   水曜 午後7時 ~ 9時

   お仕事帰りに勉強できます。
   平日の夜に開催します。

 12/06~12/20(3回)
   土曜 午後7時 ~ 9時

   通関士試験で一番難しい
   「通関実務」だけを
   体験頂きます。

27年用の通関士講座
 他の学校が今年の追加
 募集をしている頃ですから、

 随分、早い段階から
 情報を流しているのですが

 ほとんど反応がなくって

 ということは、例年通り
 年が明けてから

 途中から超入門講座を
 受けたいという人を対象に

 12月分の補講をすることに
 なってしまいそうで、
 これは困る!

 そのことも見越して
 体験講座の回数を増やし

 超入門講座を1月開講にし
 再編成しました。

  早い時期からの
  広報活動の一環として

  資格武装セミナーがあります。

  初めての通関士、
  一発合格の受験準備

  開催日時: 
  9月15日(月)午後1-3時

  内  容: 
  初めて挑戦される方へ、
  受験情報とノウハウを
  公開します。

  独学や通信希望の方や
  通学や情報収集中の方にも

  参考になると思います。
 

開催曜日・時間帯について

 景気動向が読めないのですが
 土曜日は出勤になることが多く
 昼より夜を希望

 平日金曜日は残業が多い。
 水曜日は、ノー残業デイ

 など限られたご意見を参考に

 水曜(夜)、土曜(夜)、日曜(朝)
 の3クラスで設定しました。

  現時点での受講予定の人の
  意見だけで決めました。

  ご希望があれば、
  応募状況を眺めながら
  追加・変更等をしていきます。


1日の学習時間について

 短期決戦の貿易講座でも
 毎日2時間勉強されています。

 長期間続けられる英語講座
 上級クラスは毎日2時間以上
 中級・初級の場合は
 人によりますがそこそこ・・・

 超難関の国家試験に
 挑戦するわけですから

 通関士講座では、
 1日2時間の自宅学習は
 当然としていました。

  そのように約束して
  受講されているはずですが
  例年、信じられないことに
  約束を守る人は3割弱です。

  できない約束をしてもらっても
  意味がない。

  HPなどの案内を
  1日2時間以上を
  1日1~2時間以上と変更し、

  受講申込みの際には、
  正直に申告をしてもらって

  個別にアドバイスを
  するように変更しました。

  従来は、
  勉強時間2時間未満の人には
  受講を認めなかったので

  虚偽申告をされていたようです。

   以前の受講生で、正直申告:

    仕事が過酷で、朝6時起床
    帰宅は午前1時という状態で

    平日は勉強できません!
 
    受講前に、徹底的に相談し
    時間を見つける工夫をし

    確かに2時間はムリでしたが
    平日30分は確保し、

    勉強の仕方を工夫し、
    一発合格・転職成功でした。

  もっとも、約束通り勉強
  しなかった受講生も

  直前期の今の時期は
  目つきが変わってきます。

  かなりの時間をかけて
  頑張っています。


受講料について

  安いからと言って
  安い気持ちで
  虚偽申告をしてまで受講する。

  困りますね!
 
  そこで、受講料を倍にしよう
  と思いました。

   その場合、
   高い受講料を払ったんだから

   勉強しなくても
   受からせてくれるだろうという
   甘い気持ちの人が増える。

  これも、困りますね。

  勉強時間は
  正直に申告してもらって

   目標に向けて
   一緒に勉強できるように
   指導するのが講師の務め。

  受講生の味方の
   格安料金の看板は大切に!


入学試験について

 受験経験者に超入門講座から
 受講して頂くのも気の毒なので

 3月から受講頂けるように
 本コースを準備しています。

 しかし、受験経験者といっても
 独学、通信、通学と学経歴も 
 そして、その実力も幅があって、

 単に、あるいは、勉強せずに
 受験されても受験経験者です。

 通関士試験の難しさを理解せず、
 甘いお考えの方もいらっしゃって、
 
 超入門講座よりはるかに低い、
 体験講座レベルの方も

 来られることがあったので、
 入学試験は行います。

 従来は、
 本格的に3科目すべてを
 3時間かけて行ってきましたが

 今年は、輸入申告書1問と
 関税法の○×問題だけ。
 時間も1時間に短縮します。

 開催時期は、今年の
 合格発表後から年末まで
 5回行います。

 合格発表の後にする理由は、

  絶対落ちましたから!と
  入学申込みをされても

  そんな方に限って、
  すみません、合格しました!
  キャンセルでお願いします。

 年末までにした理由は

  不合格になっても
  1月開講の超入門講座から
  受講できるからです。

  入学試験で
  不合格です。さよなら!!
 
  これは、
  お互い辛いものがあります。


申告書の勉強会

 申告書の出来不出来が
 合否を分けますね。

 ただこの分野、人によって
 好き嫌い・得意不得意が
 
 人によって大きく分かれます。

  与えられた資料を基に
  類の注の規定や項の規定を
  じゅっくり読み込んで

  輸出統計品目表や
  実行関税率表の構造を
  分析する習慣(癖)を

  まず身につけない限り
  安定した得点は
  見込まれません。
 
  不得意な人にとっての
  実力養成法は一つ;

  直ぐに答えを聞かずに
  自分で分析できるように
  我慢強く粘ることです。

  この作業を
  講義の中に入れるのは
  大変なので、

   講座とは別に勉強会として
   2時間を6回、合計12時間

   参加料無料の自由参加とし、
   都合の悪い人は
   自宅で頑張って頂く。

  自分で考える・参加料無料
  ということは、重要でない!

  と誤解される向きがあり、
  中途半端な位置づけですね。

  来年は中止し、講座の中で
  宿題として扱うことにします。

  この勉強会、独学の人や
  受講生以外の人にも
  公開していたので
  時々参加者がありました。

  自分で考える・参加料500円

   という設定に、

   教えてもらえない、
   安いから大したものでない

   と今年の受講生と同様に
   解釈されている傾向もあり

   中止にしても影響ないと
   判断しました。

   一般向けも、当初は無料。
   無料のときは満員御礼。

   なので有料にしたのですが、
   最近は1~2人で、
   有料にした目的を達成。

   なので、
   実際に参加された方は
   趣旨を理解頂いたことに
   感謝し無料にしていました。

   独学や通信でこの分野、
   正解率が低く不得意で
   本当に困っている人は

   直前集中特訓セミナー
   ご利用頂くことにしました。


久しぶりの休み(お盆)で
普段とは環境を変えて

 来年の体制を整理してみました。
 ご参考になれば幸いです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード