貿易実務検定対策講座:1勝一敗?

貿易実務検定対策講座:1勝一敗?

昨日の貿易実務検定C級
無料講座説明会

 会社の要請で受験されるとか。
 自己啓発の一環のようで

 受講料は自己負担だそうです。
 いいことですね。
 
 会社の要望はC級だけじゃなく
 B級もA級も取るように!

 なんだか私の会社のような
 親しみを感じました。

 B級までは、たまに聞きますが
 A級は初耳でした。

 そのような趣旨なら
 スクールきづの講座が最適。

  何故なら、スクールきづの
  C級講座は満点合格を狙う講座
  だからです。

  B級の出題のうち半分はC級で
  学習する範囲なので
 
  B級に合格するにはC級を
  しっかり学習することが一番。

  そのための基礎を満点という
  具体的目標を設定して
  頑張っていただきます。

 ご賛同いただいたようで
 説明後、教室を案内して

 その場で、
 申込書にご記入いただきました。

 これで、2月受験のC級講座
 土曜の夜の1クラス開催ですが
 3人になりました。

今日から
貿易実務検定A級(前期)講座

 通関士講座が終わってから
 資料を準備して帰宅すると

  夜分遅く失礼致します。
  貿易実務検定A級講座
  申し込み致しましたが、

  仕事を継続することになり、
  勉強に時間が取れなくなりました。

  講座のキャンセルをお願いしたく、
  至急連絡致します。

 嬉しいメールですね。
 難しい試験ですから勉強時間が
 取れないなら受講を辞退して
 頂くと助かります。

 ということで一人減って
 4人でスタートです。

 もっとも、準A級合格者で
 後期から受講予定の人が

 準A級合格はかなり前で
 自分で復習する自信がないので

 格安料金で前期からお願い、
 と4回くらい依頼があって
 承諾しました。

 結局5人でスタート
 後期から3人増えて8人です。

 これでC級の3人とA級8人で
 トータルで10名超えたので

 久しぶりに受験料割引付きの
 団体受験申し込みができます。

ところで、
貿易実務検定B級講座

 一件のお問い合わせもなく
 中途半端な一人講座を作って
 経営的にも時間的にも
 苦労をするだけなので、

 早めに募集を中止しようと
 思っています。

 ネットで検索しても
 ブログ頁はヒットするものの
 PCの頁はヒットしません。

  お盆休みに手を加えて
  一時的に検索結果トップ頁に
  載りましたが、今は・・・

 それに、
 B級講座に繋がるC級講座を
 7月に開講しなかったので
 当然の結果だと思います。

ということで、12月受験の
貿易実務検定対策講座の
陣形が固まりました。

次の課題は、
英検2級TOEIC600レベル講座です。

 貿易A級、中国語検定、出張が
 終わって3人受講生が
 戻ってきても
 
 土曜日の午後はBB資格塾に 
 教室を使っていただくことに
 したので、場所がないのです。

 年内は、応接室で個別対応し、
 来年1月から新規開講を
 考えています。

・・・・・・・・・・・・・

スクールきづ公式ブログ

 【10月開講の3講座】
  日商ビジネス英検3級講座
  貿易実務検定C級講座
  貿易実務検定B級講座
 
 月間予定表 
 【無料】講座説明会の日程表

 主なカテゴリー
 通関士, 貿易実務検定 
 英検・TOEIC, ひとりごと 

・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード