スクールきづ:講座は排除の論理 vs 勉強会は寛容の心

スクールきづ:
講座は排除の論理 vs 勉強会は寛容の心


排除される側は

 気持ちのいいものじゃない。
 ムカつく。

 わかっているけれど
 講座は真剣勝負!


合格を目指す資格講座では、

 例えば、

 通関士講座

 貿易実務検定C級講座
 貿易実務検定B級講座
 貿易実務検定A級講座

 受験対策はしないけれど
 本物の英語力を目指す
  英検1級/TOEIC900講座
  英検準1級/TOEIC800講座
  英検2級講座
  TOEIC700講座


 合格できる見込みのない人には
 勉強の相談には応じますが

 講座の受講はお断りしています。

 流行りの排除の論理

  違いますね。

  良心の問題です。

  経営的には、受け入れたい。

  でもね、
  受かる見込みがないのに
  経済的、物理的に負担させ
  無駄な努力をさせるに忍びない。

 じゃ、
 何を根拠に受かる見込みがあると
 判断するのか?

 無料講座説明会でチェックしてます。

  講座の内容を理解してから
  申込をして頂くためというのは
  建前ですね、

  本音は、選別するためで
  実質的な入学試験です。

  なので、すべての講座は、
  無料説明会に参加しないと
  受講申込ができないのです。

 チェックポイントは何か?

  勉強する目的、勉強できる時間、
  挑戦する気持ちの3点です。

  説明の途中で気が付くと
  中止し、教室も案内しません。

  受講申込書には、
  勉強時間を記入する欄があって

  例えば、
  通関士講座英検1級講座

  一日の勉強時間30分の人の
  受講申込は受理しません。

  なので、
  皆さん応用力がありますね。
  90分とか2時間とか書かれます。

  授業中、あるいは小テストで
  どうもおかしいと思って

  通関士講座貿易A級講座では
  アンケートを取ります。

  何故かこ段階では、
  正直に10分とか30分と
  書いてくれます。

  勉強しても落ちることはありますが
  勉強しないで受かることはありません。

  なので、退学を勧めますが・・

   一度受け入れた以上は
   何とかして上げたいし、

   人間には無限の可能性があるのも
   事実なので

   でも、普通の人の十倍以上の
   労力が要りますし、

   この年齢になると、
   その負荷に耐える気力体力が
   なくなってきているので

   排除の論理は必要ですね。

   他の受講生の邪魔にもなるし、

   一緒に目標に向かって挑戦する
   クラスの雰囲気も壊しますからね。

  講師業を続けられるのも、
  あと1年か2年なので

   器量が小さいと言われようが
   今さらこのスタンスを
   変えるつもりはありませんね。


これに反し、勉強会は緩い!

 例えば、
 実践ビジネス英語の勉強会
 「新聞で貿易」勉強会

 貿易の規則を英語で読もう!
 貿易アドバイザー試験に向けた勉強会

 英語でカラオケを歌おう!

  説明会・相談会・個別面談はなく、
  メールで申し込むだけ。

   誰でも好きな時だけ参加できる
   寛容の心の勉強会です。
  
  勿論、小テストもありません。

   なので、実力をつけるためには
   後で自分で努力することが必要。

   その意味では、逆に、
   勉強会の方が厳しいかも。

 
 あなたは

「排除の論理」派 or「寛容の心」派?

 ・・・・・・・・・・・・・・・

夢をかなえる、人生を切り開く

 そんなお手伝いができれば
 と思っております。
        
世界に飛び出そう!
「スクールきづ」

 〒530-0012 
 大阪市北区芝田1丁目
 4番17-208 
 TEL 06-6366-6131 
 メールはこちらからどうぞ!

スクールきづに興味のある方は
 スクールきづの公式サイト 

・・・・・・・・・・・・・

【スクールきづ:平成29年の講座】

 貿易実務検定(C級) 講座 10/5,8開講 
 ベトナム語講座(発音・会話クラス)10/22開講
 ベトナム語講座(表現・リスニング)10/22開講

 英検2級 基礎表現 特訓講座9/25,9/30開講
 貿易実務検定B級講座9/26,10/1開講
 TOEIC700英語表現特訓講座9/24開講

 資格武装セミナー「貿易・英語資格と勉強法」 10/9開催

 スクールきづ(New HP) 

・・・・・・・・・・ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード