FC2ブログ

英語の練習は、読む、聞く、書く、話すをバランスよく!

英語の練習は、読む、聞く、書く、話すをバランスよく!

昨日の
英検1級・TOEIC900レベル講座

 
 授業が終わってから、
 受講生同士の会話:

 テキストのCD聞いていますか?

  1人は、聞いて覚えています。
  もう一人は、書いたり聞いたり。

  質問者は
  全く聞いていないようでした。


 このレベルでこの質問?

  もう一度、徹底させないと。

  読む、聞く、書く、話すを
  バランスよく!



 練習方法は自由にしていますが
 大きく2つに分かれます。

 リスニング中心主義の人が
 比較的多いようです。

  理由は、手軽だからでしょうね。

  今の時代、いつでもどこでも
  聞くことができます。

  でも、覚えるまで聞き込むのは
  大変なことです。

   イントロを与えると
   スラスラと続きがでてきます。

   もっとも、
   慣れると中毒になってしまい、
   苦痛が快感に変わり危険ですが。

  読む・書く・話すも取り入れて
  バランス良く練習してくださいね。

  話す練習は、聞きながら
  真似て声を出せば同時にできます。

   電車の中では出来ませんが・・・

  特に、書く練習は意識しないと
  手抜きになります。


 読み書き中心主義の人

  学生時代の受験勉強の影響か
  書かないと覚えられない。

  私の小テストは筆記だけ。
  従って、この勉強でも何とか
  対処できるけれど、

  2分間スピーチで
  もたつく傾向があり、
  バレています。

  聞く練習が不足していると
  話すリズムが英語らしくなく
  聞きにくくなります。

 
一昨日のTOEIC700レベル講座

 定員4人で満席だったのですが、
 会社によっては、異動の季節。
 仕事が増えて3月から2人中退。

 この講座のテキストは
 熟語が優れているのですが

  入手が困難になってきたことと、
  音源がないという欠点もあって、

  使用するのは今回が最後です。

 今までは、
 リスニング不足を補うため、

  その時々の受講生のレベルに
  併せて、補助教材を使って

  バランスよく勉強できるように
  してきましたが、

  今期は、今の教材だけで
  パンクしそうな人がいて

  他の人が勉強できるよう
  教材を指定して任意にして
  いましたが、

  退学を契機に、リスニングを
  クラスの中で取り上げてみようと
  思っています。


 英語の学習は、どのレベルでも
 
  読む、聞く、書く、話すを
  バランスよく!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、新規募集中の講座・勉強会は

【2018年(平成30年)】
 (3月開講)貿易実務検定(C級)講座
 (4月開講)通関士講座基礎ゼミ
 (5月開講)5月以降の英語講座の予定表
 (5月開講)ベトナム語(表現・聴解)講座
 (5月開講)ベトナム語(発音・会話)講座
 (5月開催)  遠方の方のための
  通関士受験、G/W集中講座

  5月3日・4日 法律科目速習セミナー

 (通年開催)「新聞で貿易」勉強会
 (通年開催)実践ビジネス英語の勉強会


【スクールきづ:平成30年の講座】
平成30(2018)年度の講座予定表
 H30 英語講座
 H30 貿易講座
 
 スクールきづ(New HP) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード