FC2ブログ

貿易実務検定C級講座:ゆっくり vs 大急ぎ

貿易実務検定C級講座
ゆっくり vs 大急ぎ


貿易業界への登竜門が
貿易実務検定C級講座 

 初めて勉強される方が対象です。

 時々、実務経験豊富な方も
 基礎からしっかり勉強したい、
 と言って、この講座を受講。

確かに、その通りで
急がば回れ、ということで

 基礎をしっかりマスター
 することが極めて大切です。

 そのことに気付かれるのは
 貿易実務検定B級講座 
 貿易実務検定A級講座

 C級で勉強する基礎事項を
 知らなくて苦戦してから。

 その時は、既に遅い!

 上級クラスで
 他の受講生に迷惑をかけながら
 C級レベルの質問をして

 C級のテキストを見せられ
 ここに載っていますよ!

  (嫌味な先生ですね)
  (誰? 私です)
 
 なので、
 貿易実務検定B級講座の 
 受講要件に

 C級で満点取れるぐらい
 復習してご参加ください。

 受講生に聞いてみると
 この条件を読んで
 友人は他の学校に行きました。

 本人は、私は怠け者なので
 これくらい厳しい方がいいと
 思いました。


さて、問題は、
その基礎のマスターの仕方です。

 基礎は重要だから時間をかけて
 ゆっくり勉強しましょう!

 というのが「ゆっくりコース」

 仕事が忙しいので、短期間で
 要領よく勉強しましょう!

 これが「大急ぎコース」

スクールきづのC級講座
 「ゆっくりコース」と
 「大 急 ぎコース」を
 繰り返し開講してきました。

 昨年、この「大 急 ぎコース」
 のカリキュラム、教材、時間を
 再構築し

 初めて勉強される方でも
 無理なく勉強できる
 
 貿易実務検定C級講座スリム 
 を作り上げ開講!

 その結果は、全員合格は勿論、
 得点の差も「ゆっくりコース」
 とほとんど同じでした。

 唯一違うのが
 期間、時間数が少なくなるので
 受講料がかなり安くなりました。

無料講座説明会では
 あまりの時間の少なさと
 授業料の格安さに驚いて

 怪しい~

そういえば、受講生が言ってました。

 授業料が高い方が安心する!

 当たってる。
 値上げしようかな・・・

 嘘です!

 真実を見抜ける人だけで十分。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢をかなえる、人生を切り開く

 そんなお手伝いができれば
 と思っております。
         
世界に飛び出そう!
スクールきづ

〒530-0012 
大阪市北区芝田1丁目
4番17-208

TEL06-6366-6131 
(但し、平日の9~18時)
 
メールの方が
確実に早くお返事ができます。
 (24時間受け付け)

 電話よりメールの方が早く
 確実にお返事できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、新規募集中の講座・勉強会は
【2018年(平成30年)】
(1月開講)通関士講座 
(1月開講)貿易実務検定C級講座 
(1月開講)貿易実務検定B級講座 
(1月開講)外国為替2級講座
(1月開講)TOEIC700講座 

 (通年開催)「新聞で貿易」勉強会
 (通年開催)実践ビジネス英語の勉強会

【スクールきづ:平成31年の講座】
平成31(2019)年度の講座予定表
 H31 英語講座
 H31 貿易講座
 
 スクールきづ(New HP) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード