FC2ブログ

通関士講座:受講生 vs 入試突破組

通関士講座:受講生 vs 入試突破組
 
昨日、通関士講座の受講生に

 先日の基礎ゼミの入学試験を
 受けてもらいました。

 条件付き合格者の得点の
 3倍以上を獲得!

 今年の受講生は、
 小テストで見る限り、
 全員ギリギリ合格圏内なので

 入試合格者の成績は
 合格圏が見えないくらい低く

 勿論、合格の可能性があると
 判断して条件付きで
 受講を認めたものの

 現実に、この格差を見ると
 
 当初、考えていて以上に

 G/Wの補講を厳しくしないと
 追いつけない。

 そんな思いで成績を比較して
 いました。

 従って、G/W特訓は、
 日程の調整中ですが
 通関士の補講がメインに
 なりそうです。


昨日の受講生=今の受講生は

 12月に体験ゼミ
 1~3月入門ゼミの
 合計4ヶ月の受講生なので

 講義時間は
 2.5h/回×12回=30時間

 勉強時間ンは
 1.5h/日×120日=180時間

 合計、約200時間ほど

 毎週の小テストを目標に
 日々努力した成果で、

 この4ヶ月の積み重ねは大きい。
 残り5ヶ月引き締めていきたい。

 順調に進捗していることが
 確認できて良かったです。


週末の基礎ゼミ第1講は、
冒頭に、計算問題の小テストから
始めます。

 昨年、本試験で合格まで3点と
 頑張ったセミナー参加者で

 従って、入試免除者も加わり

 激しい競争、
 トップ争いを期待したいですね。

 楽しみですね。

 
小テストとテキスト作りが
 明日の予定です。

 もっとも、午後3時から
 英検1級講座の最終講義

 午後7時~10時は
 貿易(A級&B級)講座の第3講

  夜の外出は控えるべきだそうで、
 
  新型コロナウイルスは夜行性
  というデーターを示して頂くと
  分かりがいいのですが
 
  人通りも少なく電車もガラガラで
  授業はパーソナルなので

  超希薄接触の可能性しかないので
  大丈夫だと思うのですが・・


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢をかなえる、人生を切り開く

 そんなお手伝いができれば
 と思っております。
         
世界に飛び出そう!
スクールきづ

〒530-0012 
大阪市北区芝田1丁目
4番17-208

TEL06-6366-6131 
(但し、平日の9~18時)
 
メール:rbffg815@ybb.ne.jp

 確実に早くお返事ができます。
 (24時間受け付け)

 電話よりメールの方が早く
 確実にお返事できます。

 ・・・・・・・・・・・・・

スクールきづ公式ブログ
Facebook スクールきづ
 
 スクールきづ:今週の時間割
 月間予定表 
 【無料】講座説明会の日程表

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
【講座案内です】

 通関士講座・基礎ゼミ
  日曜:4/5開講
 英文ビジネスレター・英文Eメール講座
  土曜:4/11日開講

 英検準一級・TOEIC800講座 
 日4/12,月4/13,火4/15,水4/16開講

 英検1級(TOEIC900)講座
 土4/11,日4/12,火4/14,水4/15開講


 G/W G/W 化粧品成分の勉強会
 G/W EPAビジネス実務検定の勉強会
 G/W SPI(計数)の特訓 

 G/Wに何をするか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード