通関士試験:模試と本試験は別

日曜日の関税協会の
通関士模試の感想を頂きました。

 今回も、親心というか
 受験生に自信を持って貰おう
 という趣旨で開催されたようです。

 気分をよくして
 残りの期間頑張ってくださいね。

昨年の教訓と言いますか、
もっと長い経験から

 模試は模試であり
 本試験とは別個のものである。

 というのが結論です。

 折角、頑張ろうと思っているのに
 水を差すようで申し訳ないですが

 本試験は、模試より百倍難しい!

 気持ちを引き締めて
 最善の努力をしてほしい。
 
約6カ月間、毎週、小テストで
長いお付き合いですから

 受講生の実力は把握しています。
 一回の模試よりも正確です。

 初心者の場合は、
 ランキングでベスト10の
 常連の人は別として

 この段階(本試験の一ヵ月前)で
 合格できるような実力は
 まだありません。

 初受験者は、
 時間配分や会場の雰囲気や
 マークシートの塗り方等は
 参考になったと思いますが、

 試験のレベルは、
 もっと難しい、もっと高い、
 と御理解下さい。

ということで、今週の直前ゼミ
最初は、自信を持ってもらうように

 簡単なものを考えていたのですが
 やはり難しくして
 引き締めをはかろうかと
 考えています。

今日の通関士・貿易のサプリ
そのことに触れて

 テーマは「特恵関税の原産地」
 法律 ⇒ 政令 ⇒ 省令と
 順番にまとめてみました。

 午前8時頃の配信です。
 あと5時間後ですね。

 お楽しみに!



 
スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード