通関士試験:直前の動機づけ

あと数日で通関士試験です。
緊張の時間が刻一刻と近づいて

 もうパニック・・??・・

 スクールきづでトップの人と
 専門学校のトップの人から

 偶然、同日に質問がありました。

 それが、
 2人とも去年の本試験の
 輸出申告書の申告価格の
 計算に関するもので

 その類似性に驚きました!

 このレベルの人は、
 もうすることがないので、
 暇つぶしに去年の問題を解いて
 いるようですね。

 ふっと何か変なことを
 思いついて、それが気になって
 質問されたようです。

 早く試験日が来ないかなと
 余裕綽綽のはずなのに
 やはりプレッシャーかな・・・

通関士試験を受ける人は
通関の勉強が好きなんだと
一方的に思っていました:

 スクールきづ2年目の人は、
 何故か、どの方も去年からは
 想像もできないくらい

 今年になってメキメキ成績が
 上がってきていて

 通関の勉強が好きなんだと
 思っていたのですが、
 実は違っていました。

 もうこんなに
 勉強ばっかするのも嫌なので(笑)、
 自分なりの必勝法を見いだし、
 受かります!!

そうなんですか、
勉強するのが嫌なので
早いとこ受かってしまいたい。

 なかなかユニークな動機付けで
 面白いですね。

 3年目、4年目の人も
 勿論、1年目の人も
 本当は同じことを思っていて

 怖いくらい本気で必死な人は、
 その気持ちが
 隠しても顔にでてくるのが

 本試験数日前のこの時期ですね。

  逆に、この時期に
  表情が変わらない人は・・・

 さて、今年の受講生は、
 勉強の好きな人が少なく

 従って、早く受かりたいと言う
 意欲が旺盛なので
 「合格」は期待できそうです。

  ということは、平成25年度は
  初めての挑戦者に沢山集まって
  貰わないといけないのか・・


それに自分なりの必勝法と聞くと
自称,流離のギャンブラーの私は

 思わず聞き耳を立ててしまいます。

 しかし、実は私は知っています。
 必勝法なんて簡単なものですよ。

 教えましょうか?

  学生のように本試験直前に
  2カ月朝から晩まで勉強できる
  環境にない人は
 
  コツコツ勉強すること。
  勉強したことを積み上げること。
  これだけなんです。
 
 この極意に達していないのかな。
 一緒に勉強してきた環境の中で

 自然にこの必勝法を実践して
 そのことに気がつかなくて

 隣の芝生が気になるようです。
 
この2年目現象を1年目から
実現したいと思って

 来年度は、超入門講座
 2カ月も前倒して期間も3倍に。

 例年、通関士講座の説明会
 勤労感謝の日が初日なのですが、
 今年は、時期を早めました。

 その結果、まだ今年の本試験も
 終わっていないのに

 平成25年受験用の
 初めての通関士、超入門講座
 既に4人の方が受講申込みを
 されているのです。
 (通関士講座(大阪)の募集状況) 

 当然、そのまま
 通関士講座「本コース」
 進級されるでしょう。

 スクールからみると、
 通関士講座に1人の受講生を
 集めるだけでも大変なのに

 こんなに早い時期に4人は
 凄すぎます。

 順調に前倒しの効果が出て、
 順調過ぎて怖いぐらいですが

 合格が発表されてから
 今の受講生が再受講を希望しても
 席がないかもしれないのです。

 なので、皆さんには、
 合格する道しか残っていません。
 頑張って下さい!!

 (変な応援の仕方ですね)

通関士試験と同日にもう1つ試験。
貿易実務検定C級ですね、

 昨日、最終講義に欠席された方の
 補講(?)でした。

 修了試験の模擬試験をやって
 少しの余裕で合格基準を突破。

 残り数日で満点合格まで走れ。
 その成果を土曜日に修了テスト
 で確認し、送り出します。

通関士の勉強は、もうイヤ
でも、何か勉強は続けたい!

 本当に勉強好きな人のために
 通関士試験が終わってから
 受講できる

 12月受験の
 貿易講座を3つ用意しています。

 本試験が終わったら
 直ぐにチェックをして
 説明会の予約をして下さい。

 今は、通関士試験に専念せよ。

 昨日あたり直前ゼミの答案が
 着いたと思います。

 自習室の追加日程を付記しました。
 利用して下さい。

 最後の詰めを大切に!

 
スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード