通関士試験:直前は大掃除?

明日は、通関士試験の本試験
直前に新しいことを言って
混乱させたり焦らせても
仕方ないので

 書きかけたメルマガを没にして
 結局、昨日一日何をしたんだろうと
 自己嫌悪に陥った一日でした。

 頂いたメールに返信をしながら

 何で直前にこんな難しいことを
 聞いてくるんだろうと、
 考えると

 難しい試験だからきっと
 過去問にない新しい切り口で
 聞いてくるに違いない。

 だから、それに対応した難しい
 問題を扱った問題集が出てくる。

 でも、
 解説が不十分であったり
 他の事例と矛盾していたりして
 焦って混乱して質問に至るようです。


この時期、最後の最後まで粘る
という姿勢は素晴らしいですね。

 どんなときも、どんなときも、
 迷い探し続ける日々が答えになる

 そんな歌もありましたっけ。

 でも、学者先生を目指している
 わけじゃないし、趣味に走って
 新しいことに手を出すより、

 今までやってきたことの確認を
 地道にすべきじゃないだろうか?

 スレスレで、或いは、ギリギリで
 60%をクリアーするだけで合格!
 決して満点をとる必要はない。

 直前の要領は、大掃除と一緒で
 整理整頓がポイントですね。

 必要なものは直ぐ出せるように。
 必要でないものは捨てる。

 どうしてもわからない分野は
 直前にあーだこーだ言っても
 栓なきこと。

 いわゆる、捨て問として見捨てる。

 今まで積み重ねたもので勝負する。
 それで良いんじゃないですか?

 
昨日は、そういうことで
2つのメルマガの原稿を一日がかりで
書いたのに没にして

 何だが歯車が狂ってしまって、

 おじいさんの古時計じゃなくて
 おじさんの古時計という感じ。
 心がチクチクと痛みます。

 仕事は、夕方の
 貿易実務検定C級の修了試験だけ。

 でも、予定の人がお仕事の都合で
 今日の午後からに変更。
 空振りの連続でした。

 その後は、
 英検準1級レベル講座
(無料)説明会&相談会

 このクラスのレベルは高く、
 意欲と実力があっても

 日々の自宅の課題をこなして
 講座に参加するに至る程度に
 
 自宅で学習ができるかがネック
 ちょっと時間がかかりそうでした。
 
それから、修了試験と自習室です。

 通関士講座の受講生
 2人が頑張っていました。

 去年も、自習室で遅くまで
 勉強してた人が合格しました。

 このジンクスを信じたいですね。

 最後は、この前、
 説明会に来てくれた学生さんから

 12月受験の
 貿易実務検定C級講座
 の受講申込みを頂き、

 水曜【夜】クラスが成立しました。
 来週10/10開講です。
 
 受理確認とお礼のメールをしながら

これから自分の未来を自らの手で
 切り開いていこうとする若い芽を
 育てていきたいと思っています。

 もう2,3人欲しいところですが・・
 
昨日は空き時間があったので、
銀行に行って半年分の記帳をして

 暇になったら(ありそうにない)
 通関士講座や貿易講座の
 損益計算書を作ってみたいですね。

 こういうのは不得意なので
 どんぶり勘定で済ませているのですが。
 
 暇な時の短い時間の過ごし方は
 私の場合、近くの紀伊国屋書店で
 ブラブラ・・・

 中国語検定の願書を貰ってビックリ
 申込み締切りは10月15日。

 平成25年度も通関士講座を開講し
 日曜クラス(朝)クラスを作るので

 この試験を受けられるのは、
 1年に1回ぐらい。

 思い切って、3級と、2級の
 ダブル受験をしようかと、

 で、何時、勉強するの?

 取り敢えず、
 明日の楽しいビジネス中国語講座
 真剣に取り組みます。
 

スポンサーサイト

テーマ : しっかり勉強!
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード