通関士試験の前日の教室風景

今日は、通関士試験の前日
貿易実務検定C級試験の前日
緊張の一日のスタートです。

午前中は、
貿易実務検定準A級講座
土曜日【朝】クラスの第2講

 5人の出席。
 書類作成の講座では
 これぐらいの人数が適切ですね。

 余裕で1人1人の作成状況を
 把握できて、席を回りながら
 間違い箇所や抜けている部分を
 指摘できる。

 ただやはり、B級の知識が曖昧だと
 書類作成と称して

 貿易実務の知識の有無を
 上手に聞いてくるので要注意!

 書類作成の正確さと速さを
 チェックしなながら

 やはり、教室で指摘を受けながら
 勉強するのと独学は違うだろうな、
 と感じました。

時を同じくして、
日曜クラスは開講されるか、
との問い合わせ。

 日曜クラスは、
 通関士試験の受験生を当てにしていて
 本試験が明日なので、

 今のところ、受講希望者はゼロです。
 
 しかし、
 本日、土曜クラスの受講生2人が
 途中から日曜クラスに振替
 又は変更を希望していることが判明し、

 それならば、日曜クラスを
 開講しようと思っております。

 と返事をしたところ、

  お返事有り難うございます。
  できれば日曜日クラスに
  参加させて頂きたい、

 という返事があり、
 この方、既に受講テストは終わっていて
 これで、確実に日曜クラスの成立です。

  受講テストは優秀ったけれど
  独学を初めて難しいと、
  感じたれのでしょうか?

  受講申込みが届き次第、
  貿易講座の募集状況
  反映させます。

  来年度は、この準Aのクラスも
  短縮バージョン=短期集中講座
  を考えているのですが、
  
  書類は、書き方のポイントを
  指摘してもらわないと
  難しいかも知れないですね。
  ということは、回数を減らせない。

  講座と並行して効率的な講座を
  考えていきたいと思います。

  最終的には
  C級から、B級、そして準A級までを
  セットにして受講料を10万円以下に
  出来ないか検討しています。

  勿論、お支払いは各級ごとに
  各級の最終講義日の前日まで
  という方針に変更ありません。
  

それと、3月受験の
貿易実務検定(C級)講座
水曜(夜)クラスにも
受講申込書がメールで1通。

 例の学生さんのお友達。
 受講人数が複数になって
 競争があって教え易くなった。

 順調に推移しています。
 貿易講座の募集状況
 反映させました。

 明日受験のC級講座の受講生は
 午後2時から修了テスト

 都合により1時からとか
 1時半からとかバラバラに
 来られまして、でも、

 全員、基準点をクリアー
 明日の本試験に臨んで貰います。
 初の満点がでるか?


さて、貿易実務検定B級講座
短期集中講座にして
開講を2週間ずらしたので

 今日は、その分が空白になり
 午後2時~午後9時までが自習時間

 通関士講座の受講生
 一部、貿易講座の受講生も交じって

 大体7、8人の出席でした。
 あまりに真剣な雰囲気だったので
 圧倒されそうになりました。

 ビルのオーナーも同じような印象を
 持たれたようです。

 合格してくれるといいのにね。
 
 あまりプレッシャーをかけるのも
 良くないので

 今までの学習に自信を持って 
 落ち着いて頑張れ! 


 
スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード