通関士講座の入学試験は何時受ける?

通関士講座の雰囲気は異様だ!
と感じる人が多い。

 ゆとり教育で育った若者には
 カルチャーショック!

 貿易講座でも、運営方法は同じで
 講義を聴く⇒自宅で復習⇒小テスト

 なので、貿易講座を経由して
 通関士講座に来られても
 違和感を持つはずがないのに、

 何か違う、と感じるらしい。

 これは、
 試験の難易度のせいでしょう。

 勉強すれば合格できる貿易に比べ
 半ばギャンブルの世界の通関士

  通学しても受かる可能性は低い
  道なき道を切り開く覚悟

  その気迫が落雷を呼び起こす!

実は、私はこの雰囲気が気に入って
毎日、楽しみにしています。

 教室に入る前、
 ドアに手を掛けた瞬間
 その張りつめた緊張感が

 ビビッと落雷のように
 伝わってきます。

  この雰囲気に耐えられない
  受講生もいるようですが

  癖になりそう、というか
  癖になってしまって、

  独学で十分間に合うレベルに
  達しても、今年も宜しく・・


来年の10月を目指して
先週、通関士講座を開講しました。

 初めての通関士、超入門講座
 という名前を付けています。

  この講座は受付終了です。
   昨日の別ブログです
   通関士講座:
   広告宣伝力の不足?

  このクラスは、通関士試験の
  勉強を初めてされるので

  快晴というか落雷とは縁がない。
  受験講座というよりも
  カルチャーセンターかな

  小テストの結果に激怒して
  私が雷を落とすかも・・

  いいえ、それはあり得ないです。
  外から圧力をかけても栓なきこと

  内から湧き起こる
  鼓動が高まるまで耐えて待つ。
  
 このクラスが異様になるのは

  通関士試験の厳しさを体験
  した再受講生・再受験者が

  加わる通関士講座「本コース」
  からでしょうね。

本コースは3月開講で、

 今年こそは絶対合格!
 
 通関士試験の厳しさを熟知した
 リベンジ組みと合流します。

 そんな期待を込めて
 3月からの受講希望者には

 初めて組が超入門講座で
 勉強したレベルの問題で

 入学試験を実施します。
 
 第1回2012年12月24日 10時~
 第2回2013年 1月14日 10時~
 第3回2013年 2月11日 10時~

 前置きが長くなりましたが
 今日のテーマは

通関士講座
入学試験は何時受ける?

 落とされたらかなんから
 今から勉強して
 第3回と思っているのですが

 通関士講座の募集状況を見ると
 日曜クラスは、既に9人

 2月だったら定員になって
 募集が終わっているかも・・・

 やはり12月に
 受けた方が良いですか?

  2月だったら他の教育機関は
  多分まだ募集中だから
  という理由で最終入試日を
  設定しました。

  入学試験は落とすつもり!

  と物騒なことを言って脅かして
  様子を伺っています。

 圧迫面接は好きではありませんが、

  本試験中、
  実務のプレッシャーを
  平常心で受け流せるかどうかが
  知識よりも優先します。

  なので、
  筆記試験と面接で決めます。

 ところで、
 質問の答えになっていませんね。

  何時受けると言うより
  取り組む気持ちが大切かな

  久しぶりにワンポイント英会話
  ドリル英会話講座:

  「AかBかではなく、Cである」
   not whether A or B,
   but whether C

  スクールきづの本コース
  勉強するつもりなら

  あーだ・こーだと理由を付けて
  逃げたらあかん。

  イメージしたらアクション!
  そう、全て心意気ですよ。

  クリスマスイブの午前10時
  これが私のベスト・アンサー。



スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ&自己啓発
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード