本物志向の英語講座

昨日は月曜日で英語の日
年内最後の講義でした。

 TOEIC800レベル講座 3人
 TOEIC700レベル講座 1人
 TOEIC600レベル講座 2人

 の出席者でほぼ通常通り。

 忘年会参加者が1人追加。

 講座別に席を作ろうと思って

 この方、現在は英語講座、
 貿易講座と通関士講座の
 元受講生(OB)でもあり

 どの席がいいですか?

 そんなマルチの人が多くて
 昔のクラスメート誰か参加?

 楽しみにされています。


通関士試験が終わってから
約2ヶ月間で10人弱の
英語講座受講希望者と
 
 面談を続けてきましたが
 課題の教材を揃えて
 
 一週間勉強してみて小テスト
 に耐えられると判断したら
 明日から出席しますメールを
 頂く段取りなのですが

 実際に来られた人は1人。
 その方もお仕事という口実で
 その後お見えになりませんね。

 別の方から今日頂いたメール

 出席したいのですが、
 勉強量が十分でなく、

 出席を許してもらえるレベルに
 なってないと思います。

 また年末年始頑張って
 出席できるレベルになれるよう
 努力します。

 こんな感じですね。

 自分で勉強してから出席する。

 簡単ことと思われるのですが
 実際にやってみると
 凄く大変、ということが
 わかっただけでも正解かも・・・

 実力をつけたり・維持するのが
 目標で、試験を意識しない

 という意味で

 試験がなくても自分の目標に
 向けて日々努力できる
 本物志向の人に向いている。

 実力がつけば
 英語の資格はあとから
 付録のように付いてくる。

 なので、
 TOEIC何点取りたい、
 英検何何級受かりたいと

 試験勉強のみがターゲット
 の人たちとは
 
 決定的な取組み姿勢に
 違いが あるようですね。

 クラスの選択も本人任せで
 受講申込み書がないという
 変な英語講座です。

 来年は、どうなるか?

 運営上は、
 もう少し参加者が増えて
 競争をして貰いたいし、
 
 その方が経営的にも
 助かるのですが・・


昨日の
貿易実務検定B級講座
無料講座説明会

 5人出席され5人受講決定。

 英語講座と貿易講座の
 この格差は一体何?

 昨日、
 教えてもらったというか
 気のついた授業料について

 貿易講座の受講料一覧表
 を作りました。

 それぞれのHPにリンクを貼って
 もう午前4時を回ってしまって、

 でも、全然眠くならなくて快調


通関士講座「本コース」の場合も
英語講座に似た積極性が必要

 なので、
 本コースの受講希望者には
 入学試験を受けて頂きます。

 心理的ハードルが高いようで
 12/24の第1回入学試験の
 申込み者は2人です。

 本試験のプレッシャーを
 考えると、入学試験を
 逃げるようでは困りますね。

 挑戦、チャレンジ!

 この調子だと、
 平成25年度の通関士講座は
 定員に達せず

 通関士講座(大阪)の募集状況

 入学試験は2/11の第3回まで
 実施することになりそうですね。

 それはそれでいいのですが、
 受講される方、
 受講されている方を

 の実力を早く把握して
 先手必勝の効果を現実のものに
 するための秘策を考えなければ

  自宅に帰ったら解けたのに
  本試験の会場では・・・

  特に精神面の強化をして、

  あと1点から1点の余裕へ!

  
スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ&自己啓発
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード