通関士講座:選択肢の1つ

一発合格を狙っていたけれど
意に反して二発目も不発、
三発目も、四発目も不発

 独学の時から数えたら
 もう、かれこれ・・・

 あと一点に引きづられて
 今度こそはと執念で
 ここまできたら引くに引けない

 しゃけど、
 そろそろ潮時かな

 通関士試験が趣味なんて
 シャレにもならへんわ。

 この際、
 通関士試験がライフワーク
 ギャグを言う元気もない。

 あんなに頑張ったのに
 燃え尽きてしまって

 先生は、何処かに線を引いて
 ダメなら別の道を選べ!って

 簡単に言うけれど
 やっぱり、この試験通りたい!

来年どうしよう?

 挑戦したい気持ちが
 沸騰するまで待つしかない。

 まだ、冷たい状態なら
 そのまま冷えたままなら
 それはそれで良いんじゃない、

 ギャンブルから足を洗って
 健全な生活に戻るのも。

 少し温まってきた人は
 中途半端ですね。

 中途半端な気持ちで
 手の届く試験じゃないことは
 体験済みですよね。

 沸騰しなければ
 きっぱり諦めた方が良い。

 状況により
 方向を変えることは人の常。

 別に悪い事じゃない。
 そういう決断できることも
 大切な事だと思いますよ。

でもね、諦めないというのも
1つの生き方ですよね。

 誰に何を言われようと
 決めたことはやる。
 
 自分との戦いに負けたくない。

 バカと言われうと
 アホとからかわれても、
 自分で納得できるまでやる。

 5年や6年なんて
 長い人生の10分の1やんか。
 まだまだや!

 その資格が価値があるかより
 自分との勝負なんですよ。

 この試験に受かって
 自信を持って、残りの人生を
 生きていきたいねん。

それはそれとして、
どうしたら合格できるの?

 税関官僚と戦う政治家がいれば
 投票したかったけれど、

 この社会問題に気付いている
 政党もないし、

 自分で頑張るしかない。

 スクールきづも見かけ倒し!
 結果がでなければ意味ない。

 かといって、他の学校は
 アホほど高いし、

そうですね。
もう私がお手伝いできることは・・

 再受講について相談したいって
 何人かから聞いているけれど、

 去年、時間帯が悪かったのか
 希望者が1人だったので
 やってないんですが、
 通関士再々チャレンジ勉強会
 を利用されてもいいと思いますよ。

 一般公募は6月1日からですが、
 元受講生は、その前でも
 受け付けるので検討して下さい。

  教えて貰うのではなくて、
  自分で調べて教え合う、
  というスタイルですが

  勉強のスタイルを変えるのも
  良いかもしれませんよ。

  それに、内容的には
  これだけ押さえておけば
  本試験で舞い上がることは
  なくなると思いますよ。

 もちろん、講座の中でも

  実行関税率表の注の規定
  課税価格等に関する通達
  税関のHP

  の内容は、演習や模試に
  混ぜてありますが

  通関士再々チャレンジ勉強会
  の方が本格的ですね。
  受験経験済みの上級者だから
  できる勉強法です。

 今年は、開催時間を
 日曜日の午後4時~5時にして

 7月からその前の時間帯を
 自習室にする予定ですし、

 費用も1回500円ですから
 メッチャ利用しやすく、

 これぞスクールきづという
 勉強会ですね。

 従来は、通学できない人を
 対象にしていたのですが、

 今年からは、
 彷徨える元受講生の
 溜まり場にしようかな。

28日の忘年会では
この種のご相談もでると思いますが

 意見を聞かせて下さい。

 通関士再々チャレンジ勉強会
 の第一期生も参加されるし
 体験談も聞けますよ。
 
その28日の忘年会、
今日、食堂に確定人数を連絡します。

 昨日のメール

  忘年会出席できること
  になりました!!

  この度は連絡が
  ぎりぎりになってしまい、
  先生や皆様にご迷惑をおかけし
  本当に申し訳ございません。

 先ほど、午前4時15分のメール

  今晩は!!返事が遅くなり、
  すみませんでした。<(_ _)>
  忘年会、喜んで
  参加させていただきます。

  多分30分位遅れると
  思いますので、
  現地に直接お伺いします。

 ちなみに、このお2人 
 大学の公開講座で教えていた
 ときからのお付き合いです。

  今ほど難しくない時代ですが
  お2人とも
  通関士試験合格者です。

 人数が確定しました。
 総勢25人になりました。

 盛り上がりそうですね。

 もう午前5時です。
 おやすみなさい。



スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード