TPP:通関士講座から何処へ

TPP:通関士講座から何処へ

昨日の新聞は、
どの新聞もTPP一色でしたね。

 今月の貿易で新聞の勉強会
 テーマになりそうなので、

 帰りの電車の中で読もううと
 何紙か買いこんで

 でも、あまり新鮮味がなく
 ウトウト・・・

 表向きの趣旨とは裏腹に
 各国の国益のぶつかりあいの場

ところで、TPPが実施されたら、
どうなるの?

 通関がなくなる!
 と訳のわからないことを
 大きい声で言う人がいますが、

 そりゃ、
 輸出も輸入も増えるので
 従って通関量も増えるので

 これらの分野の専門家、
 つまり、
 貿易実務検定B級以上とか
 通関士試験合格者

 需要は
 増えるんじゃないかな・・・

 今のうちに
 準備した方がいいんじゃない。

 と適当なことを言っていますが、

国際ビジネスで本当に
役にたつのは何だろう?

 国際ビジネスと言っても
 範囲が広くて

 一概にこれ!
 と推奨できるものはなくて、
 人によって様々なはず。

 私も、海外に飛び出せ!

 をテーマに色んな講座を
 開催しているけれど

 何が必要かは人によって違う。

 これ(TPP)を機会に
 見直そうと思っている。

昨日、ビルのオーナーから、
今年は少ないね。

 ドキッ!
 金・土クラスの通関士講座
 人数を見た的確な感想。

  人数が増えたら
  土曜の朝クラスを開催する
  つもりでダミーで教室を
  確保したものの

  国際舞台に飛び出すのに
  この資格、本当に必要?

  創めた当時は、
  劣悪なテキストや教育が
  蔓延っていたので
  乗り出したけれど、

  今じゃ、
  私でなくても大丈夫?
  であるならば、
  私が続ける意味はない。

  という迷いもあって、
  早々に募集を切り上げた。

  多くの関係者は、
  定員に達してないのに何故?

  通関士受験は難しいので、
  1年で終了するか

   他の勉強(資格、スキル)が
   終わってから
   最後にするのが良い。

  と思っているので、

  貿易講座のように
  再受講を認めない方向で
  
  規模を小さくして
  少数精鋭で一発合格を狙う!

  なんとなく、そんなことを
  数年前から考えていました。

 それで、何をしたいの?

そりゃ、このブログの読者は
良くご存じのFOBですよ。

 F 世界で最初の First
 O 何処にもない Original
 B 世界で最善の Best

 他にないオリジナルのもの
 これがスクールきづですよ。
 
サラリーマンをしているときに
専門としていたのは、
技術、特許、契約、研究以外にも

 英語コミュニケーションも
 職務明細にありました。

 ということで、
 幾つかテストプロジェクトを

 突然立ちあげて何とか
 4~5人集まって頂いたのが

 次の3つの講座:

 3月~5月まで3カ月限定の
 TOEIC900(英検1級)レベル講座
 
 3月~4月までの5回の
 日商ビジネス英検2級講座

 4月~5月2カ月限定の
 英文ビジネス・メール講座

 今後の展開は、講座に中で
 考えていきたいと思っています。

それから、もう1つ、
TPP参加で益々期待できるのが
楽しいベトナム語(超入門) 講座
ですね。

 今日の説明会では
 先生のベトナムダンスが
 見られるかも・・・





スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード