スクールきづ:教室から世界経済が見える

スクールきづ:
教室から世界経済が見える

日商ビジネス英検2級講座
の第1講でした。

 この講座を開催するのは
 約2年ぶりかな。

 昨日は聊か緊張気味でしたが
 元々得意で大好きな分野なので
 上手く乗り切れたと思います。

  3~4回リハーサルをして
  事前に時間配分、ポイント等を
  確認していたので、

  余裕で講義ができました。

 この講座は、
 英語の講座ですが

  自習範囲を決め自宅学習の
  成果を小テストと言う
  他の英語講座とは違って

  私が講義をし、自分で復習し
  一週間後に小テストという
  貿易講座のパターン

  そのせいか、
  口頭やメールで出席の
  意志表示をされた3人が
  全員出席されていました。


さて、今朝の日経朝刊の第5面に

 輸出 中国の存在薄まる
 2月 ASEAN向け下回る

 という見出しを見つけました。

 日本の輸出相手国は
 1位中国 2位米国 3位 ASEAN
 と思っていたけれど

 いつの間にか
 1位米国 2位 ASEAN 3位中国

 になったようです。

時代の変化は急激ですね。

 数字で見せられると
 現実が良く見えますね。

 不買運動の成果でしょうか?
 購買力が落ちているのかな?

 チャイナプラスワン
 の影響なのか?

 脱中国化が加速されたのか?

 いずれにしても、
 経済関係も下降気味

スクールの方は、
貿易実務検定の講座には
中国の方らしきお名前で

 お問合せを頂きますが

 手順と形式が違ってるとか

 無料講座説明会
 無断欠席したりとか・・・

  これは、
  日本語という言葉とか
  国籍の問題ではないですね。

  このような人は日本人にも
  沢山にいらっしゃいます。

 スクールきづでも
 中国からの受講生は減少?

 実は、そうでもなくて、
 長く日本に滞在し
 日本文化に慣れている人は
 
 日中貿易の中で
 自分を生かせる場や機会は
 まだ沢山あって、需要も大きく、
 
 受講生として大きい存在だ!
 と思って期待しています。

 まだ残る会社や、

 他者が撤退するなら
 その分機会が増えると
 逆に中国進出を目論む会社も

 あるでしょう。

 物事には二面性がありますから、
 流れに流されないのも
 1つの考え方。

ところが
日本語学校や、
日本語教師を目指す人から
漏れてくる情報は、

 経済事情を強く反映しています。

 それは、
 中国からの留学生が急減し、
 ASEANからの留学生が増加、
 
 特にベトナムは激増し
 中国に迫る、並ぶ、追い越す
 勢いがあるそうです。

 日本企業の進出が雇用を生み
 そのチャンスを生かそうという
 読みでしょうね。

 逆に、中国からは日本企業は
 撤退し日本に留学しても
 雇用の機会は少なくなる。

 そんな近未来の構図が
 描いているようです。

 でも、
 習さんの共産党による
 共産党のための

 中国の夢が破れて、
 その後を考えると

 沢山の若者に日本に
 留学して貰って

 日本の本当の姿を
 知って欲しいですね。

ベトナム語講座の人気急上昇
を考えればわかりますが、

世界経済の影響が
教室まで土足で入ってきて

いくら鈍い私でも気付いて
しまいました。


 
 



 
スポンサーサイト

テーマ : 成功の為の気付き
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シカクシメンこと木津隆夫

Author:シカクシメンこと木津隆夫
四角四面の顔なので
シカクシメンです。

加齢とともに、
体型と顔つきまで
丸くなったものの

既存の学校、大学
予備校の資格講座
に疑問を抱き、

丸まった角で抵抗!
そして起業したのが
「スクールきづ」

若者の経験不足を
補うには
資格武装が必要と
立ち上げました。

若者が海外に飛躍、
日本を元気にする。

海外へ飛び出そう!
をテーマに

ブログ紙面を活用し、
「スクールきづ」の
存在を知らせたい!

シカクシメンこと
大阪梅田の隠れ家の
隠居スクールきづの
オーナー
木津隆夫です。

お見知りおき頂きたく
ブログにて一筆奏上。

地元の関西
 大阪、神戸、奈良、
 京都、滋賀、
 和歌山だけでなく

遠く、三重、名古屋、
岡山、徳島から通学
して頂いて感激!

平日の午前午後は
専門学校や大学で
教鞭を取りながら、

平日夜と土日終日
は梅田の塾(学校)
というか隠れ家で、

老骨に鞭打って、
もう暫く続けます。

宜しく
お願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード